男性ホルモンの影響を抑えて実現する発毛治療

発毛治療を行っていくためのアプローチの一つして知られているのが男性ホルモンの影響を低下させることによって発毛を促進するというものです。
ヘアサイクルには男性ホルモンと女性ホルモンが大きく関わっており、女性ホルモンであるエストロゲンの影響によって成長期が延長され、男性ホルモンであるテストステロンから生成されるデヒドロテストステロンの影響によって発毛が抑制されることが知られています。
男性の脱毛症として知られるAGAではデヒドロテストステロンが過剰に蓄積しているために髪の毛が生えてこない状況になってしまっていることが知られており、男性ホルモンからデヒドロテストステロンが産生されるのを抑制することによって発毛を促進するというアプローチがとられます。
しかし、こういった現象は女性でもホルモンバランスの乱れや遺伝的な影響によって起こりうるということがわかってきており、女性においても男性ホルモンの影響を抑えていくという治療が行われることも多くなってきています。
古くから用いられている治療薬があることから高い発毛効果を期待することができるため、原因がデヒドロテストステロンであるとわかると高い確率で髪を生やすことができるようになっているのが現状です。